blog

BtoB企業にもブランディングが必要なの?にお答えします。

BtoB企業におけるブランディングの方法と事例

あなたは、BtoBブランディングに興味をお持ちかもしれません。ブランディングは、BtoC企業のためのものであり、BtoB企業には該当しないと思われている方も多いのは事実でしょう。確かにBtoB企業は、BtoC企業と比較してもブランディングという意識は低いのが現状です。

BtoB企業の方とお話していると、ブランディングは必要なく営業強化をもっとすべきであると考えたり、自社の技術が高まれば商品が売れるというプロダクトアウト的発想だったりと、なかなか古い考え方や慣習から抜け出せていないと感じることがあります。また意思決定に時間がかかったり、ブランディングについて上司を説得するだけの情報を持っていなかったりすることで、結果的にブランディングが前進しません。ところがBtoBであっても多くの企業が、例えばマイクロソフト、IBM、GE、アクセンチュア、インテル、オラクル、ファーウェイ、J.P.Morgan、Adobeなど、多くのBtoB企業がブランディングに成功しているので、あなたにもできると信じて欲しいと思います。

世界のBtoBビジネスランキング

BtoBブランディング

ところが、日本企業は、世界で活躍している会社も多いのに、なかなか世界で評価されていないことは、とても残念ですし、当社が少しでも貢献しなければならないという思いが強くあります。BtoBビジネスに取り組んでいる皆さんには、どうぞ積極的にブランディングに取り組んでいただきたいと思います。

ブランド価値が高い海外のBtoB企業は、技術力、商品力だけではなく、コミュニケーション力が違います。顧客創造や顧客開拓は営業だけの一部門の仕事ではなく、全社的なブランドとして取り組んでいくべきだと考えます。私も大きなBtoB企業と仕事をさせてもらっている中で感じることは、見えていない課題であるために問題意識に育っていないというのが現状です。

確かにブランドが無くても商売がうまく行っていることは多いと思います。しかし、経営というものは、売上や利益が上がっていればいいのではなく、多くの経営課題と表裏一体であるものなので、ブランディングという視点を持つことでさらに良い経営に高めることができるということをお伝えしたいと思います。