BASIC CLASS

ベーシッククラス

初級編
BASIC CLASS
BASIC 01

なぜ、いま、 ブランディングか?

1
なぜ、いま、ブランディングか?

従来の当たり前が通用しない世の中になってしまった

近年ブランディングに関心を寄せる企業が増えてきました。その背景には、世の中の膨大な情報が理由とされています。人々の情報へのアクセス方法はますます多様化し、企業はその急速な変化についていけていない、そんな状況が続いているのではないでしょうか。また、原材料は高騰し、中小企業は価格に転嫁できず、人材の採用が困難を極め、四面楚歌の状態から抜け出せないように見受けられます。

強いブランドは、事業成長の確率を高める

このテクノロジー全盛の時代、情報を制するものが業績を制するといっても過言ではありません。ブランディングとはコミュニケーションの積み重ねによって、顧客や従業員を始めとしたステークホルダーとの関係性を強め、ファンへと育てていく経営手法です。一旦ファンになってもらえれば、他に類似商品があったとしても、あなたの商品を選んでくれる確率は高まるはずです。

10年後に企業価値が6倍に

Millward Brownによる「Brand Z」では、ブランディングと広告、それぞれへの投資による企業価値の変化について述べており、ブランディングと広告の両方に投資した企業は、10年後、広告のみ投資した企業の6倍以上の企業価値を上げていることがわかりました。このようにブランドの土台を築くことはその後のデザインや営業、PR等どのような活動においても今後の経営に影響を及ぼす、重要なポイントとなります。

顧客と相思相愛の関係であることが強い経営を生む

企業にはどうしても予算や資源に限りがあります。だからこそ、無駄打ちを減らしながら、戦略的にブランディングを行っていかなければ、情報の波に飲み込まれ消えてしまいかねません。最適なブランディングは体験を通じて顧客にポジティブな記憶を残すことができ、なおかつ優良顧客へと育てていくことができるため、ブランド経営の追求こそが企業の成長を実現させるのです。
BASIC 02

成功しない ブランドの共通点

2
成功しないブランドの共通点

ブランドは一日にしてならず、しかし壊れる時は一瞬である

例えば、ロゴマークやパッケージを美しくデザインできたとしても、粉飾決算を行ったり、バイトテロが起こったりしてしまう会社であれば、せっかくの美しいデザインは価値がなくなってしまいます。顧客の立場からみれば、企業の言行にズレがあると、徐々に違和感を持ち始めます。その積み重ねによってマイナスなブランドというレッテルが一旦貼られてしまうと、再び利用したいという気持ちは起こらなくなってしまうでしょう。 では、この企業に足りなかったのは何でしょうか。それは「一貫性」です。ブランドは人の手によって積み上げられていくものですが、その理解が足りずに易きに流れてしまうことでブランドは破綻します。だからこそ、さらにブランドを磨いていかなければ、このリスクを抑制することはできません。ブランドへの理解の不足と一貫性の欠如。これこそが、ブランド経営の足かせなのです。
BASIC 03

正しくブランドを 理解する

3
正しくブランドを理解する

さて、そもそもブランドとはなんでしょうか

ブランディングを行いたいと思っていても、その定義があいまいなままでは施策がうまくいくはずはありません。よく耳にするブランドという言葉ですが、高級でよく知られたハイブランドだけがそう呼ぶに値するのでしょうか。また別の機会では、商品や会社を指して「あのブランドは…、」みたいな使われ方をされることもしばしばですが、はたしてブランドとは一体何なのでしょうか。

見た目だけが優れていればブランディング成功と呼べるのか?

ロゴマークやパッケージをきれいに制作することはブランディングの一環ではありますが、それだけではブランドは成功しません。見た目だけがきれいでも、会社の姿勢に一貫性がなかったとしたら、その事業は決して成長することはないでしょう。見た目のデザインだけがブランディングではないとしたら、他に何を持ってブランディングと呼ぶのでしょうか。 The Art of Brandingのベーシッククラスでは、ブランドというものの全体像を正しく理解することから始めます。ブランドへの理解が深まり、ブランド思考を身につけるための第一歩になります。

お申込みフォーム

次回のThe Art of Branding

  • 開催日:2024年3月14日木曜日
  • ベーシッククラス:10:00〜12:00
  • 開催方法:オンライン
会社名必須
担当者名必須
メールアドレス必須
電話番号必須
お問い合わせ内容必須

当社の個人情報に関する取扱いについては「個人情報の取扱いについて」をご覧ください。
内容をご確認いただき、「同意する」をチェックして「送信ボタン」を押してください。