blog

ブランド体系戦略とブランドポートフォリオ戦略を学ぶ

この記事では、ブランドポートフォリオやブランド体系とポートフォリオ戦略について解説を行いたいと思います。企業が成長するにつれて、商品のライフサイクルとともに、また、事業拡大発展時には、商品サービスの拡充という選択が行われます。高度成長期であれば、市場の拡大成長とともに事業を伸ばすことは可能だったかもしれません。

しかし、市場は多様化し、消費者のニーズも千差万別となってしまった昨今においては、企業はフットワーク軽く事業の展開を進めなければなりません。単一商品だけであったならば、企業はリスク回避ができなくなってしまう時代に突入しました。あなた自身もそうかもしれませんが、多くの消費者はとても移り気です。そして、外部環境の変化やコロナウィルスなど未曾有の出来事が企業経営を逼迫させます。そのような環境の中、企業は適切にブランドをマネジメントしながら、管理することが求められます。

そこで必要とされることが、ブランド体系戦略とブランドポートフォリオ戦略です。ブランド体系戦略とブランドポートフォリオ戦略を正しく理解することで、ブランドの取り扱いだけではなく、それぞれの相乗効果を高めることができるようになります。この記事では、ブランド体系戦略とブランドポートフォリオ戦略について解説を進めていきたいと思います。

ブランド体系の目的

もしあなたが、複数のブランドを所有しているとするならば、ブランド体系というものを明確にしておく必要があります。それは、各ブランドがどのような立場と役割があるかということから、それぞれの関係性を明確に構造化するということです。複数のブランドを持つ企業では、状況によってはそれぞれのブランド同志がカニバリを起こしてしまう可能性も無きにしもあらずです。ブランド体系の狙いは、それらのブランド間においてシナジーを生み出すことを前提に構成するというものです。そのため、適切にブランドの取り扱いができる体系となれば、それぞれが協力に作用しあい、ブランドのアイデンティティを強化する事が可能となります。

市場とは、まるで変化し続ける生き物のようなものです。その変化する市場において、どのブランドに限られた資源を投入し、育てていくかは常日頃からのマネジメントが影響してきます。ブランド体系とは、そのようなブランド間または市場との関係性を考慮しながら、ブランドを最適化させていくための元となる構成であるといえます。そのステップは、以下になります。

1、現行のブランドを体系化する
2、体系化したブランドの戦略策定
3、ブランド体系のマネジメント

現行のブランドを体系化する

まずは、現行のブランドを体系化していきたいと思います。ここでお伝えしたいことは、ブランド体系には「グループ企業ブランド」「企業ブランド」「事業ブランド」「商品ブランド」というものがあるということです。

グループ企業ブランドとは、企業群を取りまとめてグループ化、コングロマリット化、ホールディング化したような企業群全体を表すブランドです。昨今では特に企業のM&Aが進み、どのようにグループ企業ブランドにするかを考えなければならない方も多いはずです。当社のクライアント企業も、M&Aを行う前にその点の準備が出来ていなかったために、ブランドとしてのシナジーが生み出せないという経験をしたことがあります。グループブランドを冠として導入するかどうか、または独自の路線を維持するかは、企業それぞれの意思決定によります。どれが正解ということはありませんが、どちらの選択がブランドの価値を高めるかということにおいては熟慮が必要となります。